毒親と。

毒親に対して何もできない私の吐き溜め。

ご挨拶と登場人物 // 毒親の生態まとめ // アイドル

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ///にほんブログ村 家族ブログへ///にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ///ブログランキング・にほんブログ村へ

私と推しとリアコ。

私が11歳の時から男性アイドルは私の生きる意味だった。彼氏がいたこともあるが、そこは別物であったし好きの種類が違うだろ!?と相手に言い聞かせて付き合っていた。今は毒親の毒が酷いから他人に迷惑をかけないようにして1人でいるけれど。

 
 
今まで推しにしてきた人は3人。自分の年齢で覚えている。
 
 
1番さん、11~20歳まで。
2番さん、20~25歳まで。
3番さん、26歳~現在。
 
※アイドルファン特有なのかもしれないけれど、「何年に何をしたか」を考えるときに自分の年齢だったりその年にどの現場に行ったかを考えると思い出しやすい。
 
 
もっとドライに「○○くんのファンなの~!」と言えるミーハーに近いのファンの方が長く応援をしていらっしゃる印象があるので私はまだまだだと思う。私は重ったい気持ちで推しの仕事を見るので疲れる。
 
 
全員元はメインの後ろで踊っている人だ。(わかる人はこれでどこの事務所かわかるだろう)1番さんは途中でメインとなったが私がお子様だったので現場に行ける回数は限られていた。まぁ中学生の頃には毒母とホイホイ遠征していたのでそこは毒母に感謝している。ミーハーに近いファンだったのでテレビや雑誌を見て「キャー!」と言えた。ライブも盛り上がれた。
 
 
 
なぜか1番さんに冷めていた頃、友達の応援するグループのライブに行った。2番さんとの衝撃的な再会で「私、この子の応援する」と帰りにブログを更新した。しかも1番さんとは違ってめちゃくちゃ重たいファンになってアンダーグラウンドな部分に足を突っ込んでいた。ライブでキャーとか言ってる暇があったら双眼鏡で指先まで神経を使っているか見ていたくなった。
 
アイドルに認知されたいのなら、ファンが少ないときに通えばいいと思う。2番さんは今、ファンも多くて嬉しい限りだが、元はめちゃくちゃ少なかったので現場3日目で認知されていることに気付いて衝撃だったことを今でも覚えている。認知をされたことによって干されることになったのであまり認知はオススメしないけれど!ちなみに私がファンサービスをもらったのは最初の1年半くらいだった。ウケる~!
 
 
私はとにかく、前の方で見るのが苦手なので本人から見えているか見えていないかギリギリの席で攻防戦のように見ているのが好きだった。だが当てた席で、今までなら絶対見えていた席で、私はスルーされた。そこから2番さんにファンサービスを求めることは辞めた。ライブより舞台公演が多くなっていたし、双眼鏡で私だけの世界を楽しんでいた。何よりアンダーグラウンドの世界では楽しませてもらっていたから個人的には納得していた。
 
 
2番さんとの別れはアンダーグラウンドの世界の推し被りの人たちが嫌いになったからだ。みんな私より年上のくせに子供だった。仕方ないだろう、私でさえ2番さんは3歳下なんだぞ?と思っていたが向こうは気に食わないようだった。
 
父が亡くなった時、私は約半年で10回も実家に帰っていたのでお金がなく公演を諦めることが多かった。その時に「公演が見られないなんてファンじゃないよね~」と推し被りの人に言われて一気に2番さんに対して気持ちが冷めた。現場に行けば推し被りたちと絶対顔を合わせないといけないのが嫌だった。
 
 
 
ここで一度リアコさんの話を挟む。
リアコさんは私が21歳の時からリアコ枠だった。本当に顔から髪型から体型、踊り方に殺陣の身のこなしの全てが好きだったが、何故か推しにはしないとずっと言っていた。
 
そして25歳の秋から私はリアコ枠からリアコなことに気付いた。2番さんに冷めていた私は一瞬だけリアコさんを推しにしたが友達の友達にリアコさんのファンがいることすらも嫌で仕方なくて、でも好きで…と意味のわからない考えを巡らせながら付録のカードを意味もなく集めていた。
 
 
ふと、本当にふと、3番さんをまじまじと見たタイミングがあった。アカン、応援したい。それが素直な感想だった。26歳の自分の誕生日に2番さんの現場に行ったら3番さんも出ていたので改めて真剣に見たら本当に応援したくてたまらなくなった。そして帰りに友達に「3番さんを推す!!!」と連絡をした。
 
 
 
現場は推しもリアコも行くようにしているが、リアコさんは特に遠くから見つめるスタンスを取っている。それなのに最近、ついにリアコさんにファンサービスをされてしまった。基本、地蔵スタイルの私が頑張って振っていたペンライトは案の定動きをとめたし、チョロいので推しの現場減らそ…と思っている。
 
今までリアコさんは推しと仕事が同じになれば有難く見ていけれど、リアコさん目当てで現場にはなるべく行かないようにしていたのに。3番さんにもファンサービスをしてもらったのに。
 
 
リアコさん罪深い!!だって好きな人には会いたいじゃん!!!書いてて思ったけどリアコって好きな人ってことだよね!?あ、なんかめっちゃ恥ずかしい!好きな人のこと語ってる!!リアコさんの車の助手席に乗れる女の人羨ましくって最近めっちゃ病んでる!!!!!
 
とか言っていたら3番さんが出るツアーラストが当たったから3番さんに呼ばれてる、行かねば。
 
 
 
ちなみに1番さんは今でも応援はしているしライブがあれば行く。2番さんに時間と金はもう使いたくないが、最近テレビで見て成長したねぇと感動して泣いた。3番さんはまだ思い出が全然ないし、リアコさんのことはあまり考えないようにしている。考えても好きなだけだし。
 
私のクズっぷりは日に日に増していくがこれからもチョロいクズを全うして元気にアイドルを追っかけたいと思う。
 
 

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ