毒親と。

毒親に対して何もできない私の吐き溜め。

ご挨拶と登場人物 // 毒親の生態まとめ // アイドル (2017.10卒業予定)

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ///にほんブログ村 家族ブログへ///にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ///ブログランキング・にほんブログ村へ

毒親と中学受験。

結果から言うと母の望む中学に進学した。私は全く行きたい学校ではなかった。
そこに合格するまでの記録。
 
 
 
小学3年生の後半から私は関西で有名な某進学塾の定期テストを受けていた。入塾テストは1回で合格したが、なぜか3年生の間は定期テストだけだった。
小学4年生になると私は進学塾に正式に入塾した。毎回テストがあり、点数が悪いと叩かれた。怒鳴られた。
 
母はとにかく、父の前妻の娘と父の家系の従姉妹よりも「いい学校」に入れたくて仕方なかったのだ。後から聞けば母が勝手に戦っていた女の子たちは私の頭なら塾なんて行かなくても入学できたであろう学校ばかりで、スパルタ塾に土日はお弁当を2つ持って12時間も缶詰だった私には心底羨ましかった。
 
 
 
小学4年生の途中で私は進学塾の地元の校舎から本校に移った。競争心がうんちゃらと言っていたが、従姉妹がそこに行っていたからだろう。ただ、そこは素晴らしかった。
S1コースとS2コースのテストは同じなのだが、テスト時間が違う。S1コースが算数、社会とくればS2コースは社会、算数だった。周りは別クラスに友達を作ってテストの回答を持ち出して交換していたのだ。頭がいいのか悪いのか、今でもそういうことをしているのかは分からないけれど、私ももちろん仲間入りした。私達はテストの点数が良すぎてSSコースに上がることもなく悪すぎてAコースに落ちることもないように調節しながらテストを受けていた
 
その進学塾は通っていた小学校からも何人か通っていた。もちろん地元の校舎に通う子もいた私はその子も仲間に入れた。校舎が違えばテストの曜日も違うのだ。何人かで回答用紙を回してメモを作る様子は異様だったと思う。だがそうでもして親に怒られることを逃げてたい人間で溢れていた。
 
 
 
 
私は算数が苦手だった。焦って間違うことが多く、あと1つのところでミスる。
そのことに腹を立てた母は私を毎日6時に起こし、朝から計算問題を解いてから小学校に見送るようになった。間違うと朝から定規で背中を叩かれたり辞書の角で頭をぶたれた。今思えばこれって虐待
 
スパルタ塾は夜10時頃に帰宅するようなスケジュールだったと思う。そこからテストのお説教や宿題、復習の繰り返しだったので必然的に日付が変わってから寝ていたはずなので私は案の定、睡眠不足で倒れた。倒れたが学校に行ったような気がする。
 
 
 
 
私は関西で1番、偏差値の高い女子校に行きたいと言ったことがある。確か6年生になってすぐの時だ。その数週間後に母と塾講師の面談があったのだが、「あんたの頭じゃ合格率0%だってよ!お母さんが恥かいたわ!」とご立腹の様子だった。実際私が行った女子校とそこまで差があったわけではないのに、その中学は「合格率100%」と言われたと聞かされた。まぁ、実際は行きたかった女子校も合格率60~80%と言われていたらしいが母はどうしても安心して受験させたかったらしく、合格率100%の中で1番偏差値が上の学校を私に受験させたのだ。母の言い分は「0%って言えば諦めつくでしょ?」だった。聞かされたのは合格して数週間後と割と早い時期だったので母を恨んだきっかけかもしれない。
 
 
 
 
そんなある日。その日もこっぴどく親に怒鳴られた私は夜に日記を書いていた。その日は初めて「自殺したい」と書いて私はトイレに行った。リビングに戻ると母に「座れ!!!!」と言われていつものように正座をさせられた。そして目の前に広げられた日記。私は衝撃だった。鍵のかかる引き出しに入れているはずの日記が目の前にあるのだ。
 
母は自殺がいけないことについて泣きながら私に訴えかけていたが、自分は全て母に見られていて隠すことなんて出来ない、プライバシーなんてない現実を受け入れられなくて泣いていた。どうして見るの?なんて言えなかった。
 
 
ささやかな反抗として「塾で勉強する」と言って友達と遊びに行ったことがある。案の定、塾に電話をされて見つかった私は母に怒鳴られることになるのだが、とにかく家にいたくなかった私は親に頼んで個別コースも受講することにしていた。個別コースなんて座って解いているフリをしていればいいだけだった。
 
 
 
 
実際に受験をするのは私なので私の脳みそにかかっていたのだが、母が頑張っていた。自作の問題集を作っていた。実際に解いたのかは覚えていないが相当の時間とお金と労力を使っていた。
 
そんな母のストレスの発散は私の服を買うことと、当時はやっていたアイドルのコンサートに私を連れて行くことだった。「ほら、喜ばせることもしてるでしょ?」というのが見え見えなのだが、私はコンサートは素直に嬉しかった。服はなんとも言えないが某有名ブランドで染められて金のかかる進学塾に通う私はお金持ちに見えていただろうと思う。
 
 
心底無駄な見栄をはる毒親だった。
 
 
 
 
ここまで影の薄い父。アルコールばかり摂取していた。
母は逃げるように私にしか興味を示せずに色々とおかしい家庭だったと思う。
 
よく私も母の志望校に合格したもんだ。
 
 
私の受験はここで終わったと思ったが、終わらせないのが私。