毒親と。

毒親に対して何もできない私の吐き溜め。

ご挨拶と登場人物 // 毒親の生態まとめ // アイドル (2017.10卒業予定)

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ///にほんブログ村 家族ブログへ///にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ///ブログランキング・にほんブログ村へ

私と仕事の愚痴。

仕事をしていて苦手な人がいる。
 
中途でやってきた契約社員で私の1つ下の人だ。同じ部署だが課が違う。1つ下で落ち着いて見えるが多分、服装が教育ママっぽいからそう見えるのだと思う。染めたことのなさそうな黒髪に、濃く塗られたファンデーションの割に目元の化粧やチークの存在がない。そしてメガネ。
 
 
仮にAさんとしよう。
 
 
 
Aさんはオタク。ネットでぶいぶい言わせていそうな人なのだが、「オタク」という部類ではジャンルは違えどわかる部分もあるのでお昼休みは共にしている。
 
仕事中も気が利くし周りがよく見えて素晴らしい人だ!と思っていた。言葉遣いもとても丁寧だ。
 
 
 
だが。だが!!!
 
 
Aさん、自分のことを卑下する発言があるのだ。「私ができる仕事はこれくらいしかありません」「1番下っ端なのでやります」ここまではすげ~私には言えない~と思っていたからよかった。
 
 
Aさんは一緒にランチに行った時に扉という扉全てを開けてくれる。お茶はいつだって注いでくれる。お箸やフォークも全て取ってくれる。
 
普段、職場で流しているラジオを私が消すと「申し訳ありません!私が気が付かなくて!」と頭を下げる。
 
私がいつも印刷する書類をAさんが印刷して持ってきてくれる。
 
私が印刷した書類は気付いたら持ってきてくれる。
 
勝手に他の事務員の仕事をやって「私がやっておきましたよ」と笑う。
 
他の事務員がAさんの仕事量を見て手伝うと声をかけても「私の仕事なので」と断ってAさんは残業している。
 
 
 
やっべ~!!!こいつめんどくせ~!!!!!!!!!
 
 
 
ランチの気遣いは気付いた時に「私には気を遣わなくていいよ、歳も近いし」と言ったら「ゆーさんは先輩じゃないですか!」と言われた。めっちゃ壁感じる。
 
ラジオは私の後ろの棚にあるから私が消すのが自然な流れだし遠い席のAさんに消されたら(うるさいかな…)と心配になる。
 
印刷された物に関しては見られていることに引いた。
 
印刷物を持ってきてくれるのはいいが、まだ印刷中だから結局私コピー機のとこ行かなきゃじゃん。
 
私がやっておきましたよ、と言いながら鼻で笑っただろ今。
 
私の仕事とか言いながらそれ本来は別の人の仕事で「私がやりましょうか?」ってAさんから聞きに行ったよね?本人がやる余裕出来てんだからやって貰えばいいのになぜ返さない
 
 
 
これくらいしか出来ませんって言いながら他の事務員よりエクセル使えるのな!嫌味か!?
 
あああああああああAさんめっちゃストレスうううううううううううううううう
 
 
 
毒親のことで悩む日だって体調が優れない日だってあるし、そういう時にAさんとのランチがめちゃくちゃ嫌で仕方ない。だいたい昼くらいゆっくり一服したいが煙が苦手なのでって遠くで待たれるとめっちゃ気が急く。
 
 
 
ライブの次の日に感想聞いてくるくせに「うん、うん、そうですねぇ、よかったですねぇ」って笑われるのも次第に腹たってきたし、私がスマホいじってるとどうでもいい男同士の乳繰り合いの話してくるし(好きだけど)話題それしかないんかーーーーーーーい!!って叫びたくなる。
 
試しに好きなアイドルの話だけしてみる日を数日作ったけどAさん笑ってるだけだし、そこまでして私をランチする理由ってなに!?って思ってモンモンする。
 
 
仕事に関して上から目線で話してくることもあって私はそろそろ限界を迎えそうなのでたまにランチを断る。数回に1回は次の日にAさんからランチをお断りされる。そういうところも苦手。
 
 
 
Aさんが自分を卑下して自己肯定感が低くて1人になりたくないのか、実は性格がめちゃくちゃ悪くて腹の底では私をバカにしているのかもわからない。
 
もしかしたら毒親と一緒で「弱いAさん」というイメージを私に刷り込んで離れたら罪悪感を感じるように演じているのかもしれない。
 
 
…実際、離れたとしたら罪悪感が生まれる。
 
 
 
私の性格上、友達とか苦手だと思っていてもダラダラ一緒にいることが多いのでなんとも言えないし、だからこそ毒親とも一緒にいるのだけれど、
 
「あ、分かりませんか?ごめんなさい(ハンッ)」って鼻で笑うのまじやめてほしい。
 
 
同じ課だったら本気で殴っていたかもしれない。まじ、無理。